【最新情報!】マレーシアへの外国人の入国に関して

新型コロナウイルス対策により、多くの国では外国人の入国規制が実施されています。

感染者数の減少が見られるマレーシアでは、6月24日に新たな外国人の入国条件緩和を発表、即時実施しました。

ビザの種類によって、マレーシア入国に際し、事前許可の要不要が異なります。
下記にビザによる違いをまとめています。(2020年6月30日現在)

https://www.asiadeoshigoto.net/visa/202006/malaysia-33

マレーシアで働く日本人の多くは就労パス/カテゴリー1 Employment Pass Category I (EP I)/カテゴリー2 Employment Pass Category II (EP II)・各扶養家族 Dependantsに該当します。

そのうち、就労パス/カテゴリ-1は入国管理局による入国許可の取得は不要となりました。
他のカテゴリーに関しても、徐々に条件が緩和されていくのでは、と思われます。

*既にビザを所持している方は、ご自身のビザがどのカテゴリーなのかはビザステッカーに記載されていますのでご確認ください。
*これから就職活動をして新たにビザを取得される場合、ビザ取得は採用企業が行います。入国の手順・手続きについては採用企業の指示に従って進めることになります。

条件の変更があれば随時お知らせしていきたいと思います。

下記サイトでも情報を確認できますので、ご活用ください!
https://mtown.my/rmco/

 

« 活動制限中の日本自宅勤務について
マレーシア就職・生活ブログ一覧