【新型コロナ関連】マレーシアの6月28日の現状

先月からの厳しい活動制限令下にもかかわらず、新規感染者数の大幅な減少は見られす、
昨日(6月27日)に、「完全ロックダウン」の継続についての政府の発表がありました。

以下に日本国大使館からの通知内容を転載します。

=======================
●6月27日、イスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣は、「完全ロックダウン」第一段階の継続を含む「国家回復計画」の段階ごとの規制(SOP)の一部を発表しました。

●「完全ロックダウン」第一段階の継続
・第一段階は、主要な3つの指標に到達するまで「国家回復計画」上で維持される。本日、ムヒディン首相から発表があったとおり、政府は全国における第一段階の期間をさらに維持することを決定した。
・SOPはこれまでに発表された内容が維持される。
・飲食店・レストランなど食品販売の営業時間を午前6時から午後10時までに変更する(6月28日から有効)。

●第二段階
(1)(追加的に)許可される経済活動
・製造部門(午前8時から午後8時まで)
自動車(車両及び部品)、セラミック、輸出用家具工場、ゴム、鉄鋼、セメント
・貿易・流通部門(午前8時から午後8時まで)
書籍・文房具店、コンピューター・電気通信、電気製品、洗車、理髪店(基本的な散髪サービスのみ)
(2)移動関連
・州間・地区間移動は許可されない。
【例外】試験対策授業を受ける学生と教師の移動。緊急時など特別な場合のみ遠距離の夫婦の移動は国家警察の許可を得れば可能。
(3)店舗の営業時間
・レストラン、飲食店、屋台、フードトラック、フードコート、キオスク等(午前6時から午後10時まで)(当館注:店内飲食については、第三段階に記述があります。)
・ファーマーズマーケット及び朝市は午前7時から午前11時まで許可される。ただし、野菜、果物、卸売商品、加工鶏肉、海鮮、牛肉の6種の商品のみ。なお、週市と夜市は営業を許可されない。
(4)スポーツ
・接触を伴わない個人で行うすべてのスポーツ活動とレクリエーション活動が許可される。

●第三段階
(1)許可される経済活動
・リスクの高い活動(スパ、マニキュア・ペディキュア、パブ・ナイトクラブ)以外のすべての経済活動が許可される。
(2)移動関連
・地区間移動が許可される。州間移動は許可されない。
(3)営業方法の緩和
・身体的距離を保ち1テーブルに2名まで店内飲食が許可される。
・自家用車、タクシー・e-hailing等の公共交通機関は、運転手を含め3名まで乗車可能。
・SOPにしたがって、夜市、ファーマーズマーケット、週市の営業が許可される。
・SOPにしたがって、ビューティーサロンの営業が許可される。
・教育省、住宅・地方自治省、地方開発省やその他政府関係機関の管轄の下にある学校、公立・私立の高等教育機関、技能訓練機関やその他教育機関等の教育部門の開始は、教育省、高等教育省のカリキュラム及び保健省のリスク評価に基づく。
・社会的活動は許可されない。ただし、一度に最大10名まで自宅へ訪問者や客を招くことができる。
・州内での観光活動が許可される。観光地の開業はリスク評価とSOPに準ずる。
・観客を伴わないライブイベントは許可される。

●第四段階
・新規感染者数が低く、公衆衛生システムが安全なレベルに落ち着き、ワクチンプログラムが集団免疫を達成した時に実施される。この最終段階を迎える時、我々全員が、SOPに準じてほぼ全ての部門の活動が許可される日常生活に戻ることができる。

●イスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣の発表の詳細については以下をご確認ください。
https://twitter.com/MINDEFMalaysia/status/1409107077297950732

=======================

なお、上記にある第一段階・第二段階・第三段階については、6月22日に発表された「国家回復計画」で説明されています。
https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_16062021.html

<第一段階から第二段階への緩和>
 ・過去7日間の平均新規感染症例が2,000例から4,000例であること
 ・ICU病床使用率が50~70パーセントであること
 ・ワクチン投与人口率が10パーセントに達していること(注)
 
<第二段階から第三段階への緩和>
 ・過去7日間の平均新規感染症例が500例から2,000例であること
 ・ICU病床使用率が50パーセント未満であること
 ・ワクチン投与人口率が40パーセントに達していること(注)
 
<第三段階から第四段階への緩和>
 ・過去7日間の平均新規感染症例が500例未満であること
 ・ICU病床使用率が50パーセント未満であること
 ・ワクチン投与人口率が60パーセントに達していること(注)

大変残念ながら1日の新規感染者数が4000人を切らないため(6月28日は5586人でした)、第一段階が継続されています。

一方でワクチン接種は各地の大規模接種会場で順次実施されています。
ワクチン接種による効果に期待しつつ、今後の動きを見守りたいと思います。

Weekly Mtownでは最新のマレーシア生活情報や新型コロナウイルス情報を随時公開しています。

下記リンクで新型コロナ関連の最新ニュースを公開しています。
コロナウイルス(Covid-19)情報(Weekly Mtown)

公式ツイッターでは、最新生活情報を発信しています。
また、新型コロナウイルス情報についての重要な政府発表がある際等には
日本語による同時通訳を見ることもできます。
https://twitter.com/WeeklyMtown

ブックマーク/フォローしてご活用下さいね。
« 【新型コロナ関連】マレーシアの5月24日の現状
マレーシア就職・生活ブログ一覧