【新型コロナ関連】マレーシアの3月31日の現状

マレーシアで2020年3月に新型コロナ感染拡大による活動制限令(MCO)が初めて発令されてから1年が経ってしまいました。

現在(2021年3月31日現在)毎日発表される新規感染者数は1000人台、先月の3000人超と比べますと収まってはきていますが、まだ予断を許さない状況です。
今年の1月から再び発令された活動制限令(MCO)は、それぞれの地域の感染状況に応じて、条件付き活動制限令(CMCO)、回復のための活動制限令(RMCO)など形を変えて現在も継続されています。

桜リクルート社があるセランゴール州は3月5日から条件付き活動制限令(CMCO)の対象地域になっており、その期間は4月14日まで延長されるという政府の発表が昨日ありました。
MCO期間中は弊社のスタッフは在宅勤しておりましたが、条件の緩和に合わせてオフィス勤務者を増やしており、4月1日からは全員出勤が可能となります。

ワクチン接種が進み、このまま収束に向かうことを願うばかりです。

==以下、日本国大使館からの通知を引用します。=================

3月30日、イスマイル・サブリ上級大臣兼国防大臣は、記者会見において、条件付き活動制限令(CMCO)及び回復のための活動制限令(RMCO)の延長等について発表しました。具体的な内容は以下のとおりです。

●CMCO及びRMCOの対象地域に大きな変更はなく、それぞれ2週間延長されました(4月1日から4月14日まで)。
※ケダ州クリム地区のみCMCOからRMCOに移行
※サラワク州のCMCO延長は3月30日から4月12日まで

●CMCO及びRMCOに関する主な規制(SOP)について変更はありません。引き続き、CMCO地域においては州間の移動は制限されます。
  ※出勤可能割合については、これまでCMCO対象地域において、私的セクターでは経営者・監督者に関する30パーセントの在宅勤務ルールがあったところ、これが撤廃され、100パーセントの出勤が可能となります(4月1日から施行)。

●SOPの詳細については以下のリンク
(CMCO) https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_08032021B.html
(RMCO) https://www.my.emb-japan.go.jp/itpr_ja/newinfo_08032021.html

========================================

Weekly Mtownでは最新のマレーシア生活情報や新型コロナウイルス情報を随時公開しています。

下記リンクで新型コロナ関連の最新ニュースを公開しています。
コロナウイルス(Covid-19)情報(Weekly Mtown)

公式ツイッターでは、最新生活情報を発信しています。
また、新型コロナウイルス情報についての重要な政府発表がある際等には
日本語による同時通訳を見ることもできます。
https://twitter.com/WeeklyMtown

ブックマーク/フォローしてご活用下さいね。
« 【コロナ禍におけるマレーシア就職・転職成功者インタビューVol.2】クアラルンプール・外資系IT企業で働くEさん (...
マレーシア就職・生活ブログ一覧